無担保でローンを組んでお金を借りられるのか

無担保でローンを組みたいという時に、日本の金融機関からOKは出るでしょうか。金額の大小を問わず、多くの人が金融機関からお金を借りており、返済に追われていると言われています。一切の融資を受けずに日常生活を送っているという人のほうが少ないのではないでしょうか。恐らくほとんどの人がローン返済に追われて生活していると思われますが、この人たちはどこからお金を借りているのでしょうか。お金の借入先として考えられる金融融機関はいくつかあり、融資が難しい順に並べていくと政府系金融機関、民間銀行、消費者金融、闇金となります。どんなに困っていても闇金融だけは避けるべきですが、他の金融会社は、一定金額以下なら無担保でも融資が受けられます。ローンを組む時に担保が必要になるのは、住宅ローンなどまとまった金額を、長期間にわたって借りる時です。無担保で融資しない理由は、お金を借りた人が何らかの理由で返済できなくなった場合に、貸し手である金融機関が直接損失を被ってしまうからです。仮に、担保なしでローンを組めるという場合は、返済能力の高い連帯保証人がついている可能性があるでしょう。普通の人の場合には、ほとんどの場合において無担保でローンを組むことができないのです。海外の銀行では信用のおける人や会社には惜しまずお金を貸してくれますが、日本の金融機関では担保が無ければお金を貸すことはしません。担保がなければ融資を行わないという理由は、もしもお金を貸した人が返済できなくなっても、金融会社が損害をかぶらないためです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ