ブラックの人が金融機関で融資を受けるには

ブラックの情報がある人でも金融機関に融資の申込みをして、お金を借りることが出来るのでしょうか。キャッシングやローンの返済ができなくなったり、大幅に遅らせたことがある人は、信用情報会社に記録が残されます。これが、いわゆるブラックリストに名前を連ねるようになったという状態です。金融会社は、新規のローンやキャッシングを組むに際して、審査の時点で信用情報会社に申し込み者の返済履歴を照会します。ブラックの情報があると信用を得ることが出来ず、融資の審査には通らなくなります。けれど、ブラック入りしていれば絶対に審査NGということはなく、状況打開の余地はあります。大手の消費者金融や銀行は利用できませんが、中小の消費者金融であれば審査に通ることがあります。ですが、過去一回きりの延滞と、二度三度と延滞を繰り返している人とでは審査の判断は変わりますので、誰でもいいというわけではありません。金融会社の中には、自己破産の記録が残っている人には絶対に融資はしないけれど、延滞履歴くらいなら融資の余地があるというところもあります。仮に、ブラックリスト入りした人に融資をしてくれる金融会社があったとしても、ヤミ金融から高金利で借り入れをするのはお勧めしません。ブラックリストに載った人を狙っている闇金融もあるため、騙されて契約して、融資を受けてしまわないように注意することも大切です。ブラックになると、新しく融資は受けられないと考えたほうがいいでしょう。金融会社と良好な関係を維持するため、返せる金額のみ借りることです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ