短時間で終了する無担保融資の審査とは

担保がなくても借りられるキャッシングでは、スピーディな審査が可能になっているものがあります。無担保で受けられる融資の代表格としては、フリーローンとも言われる消費者金融や銀行からのカードローンが挙げられます。無担保で融資するということは、もしお金を借りている人が返済できなくなった時に、融資をしている金融機関側が、何も取り上げるものが無いということです。貸したお金が返ってこなければ、金融会社からすれば丸損ですので、何とか対策を立てなければいけません。無担保のキャッシングは、返済ができなくなると損をする割合が大きくならざるをえませんので、しっかり審査をして、リスクのない顧客かを見きわめます。貸付金利を高くすることで、もしも返済ができない顧客がいたとしても、別の顧客の支払う利息で補填しようといます。法律では、金利はあまり高くしすぎてはいけないことになっていますが、法律で定られている範囲の上限18%という高金利で融資を行うかわり、審査が早いところもあります。申込みをしたその日に融資を受けられる即日キャッシングと言われる金融商品もあるくらいで、非常にスムーズに行なえるようになっています。審査の項目としては、収入証明すら不要な場合もありますが、もちろん返済できるだけの能力は、審査の中で確かめられます。キャッシングの審査では、信用情報会社に照会をして、過去のキャッシングでトラブルを起こしていないか、現在借り入れ中の融資はないかを調べられます。キャッシングの審査に関しては、金融会社ごとに独自ノウハウができていますので、スピーディな審査が受けられるようになっています。キャッシングの審査では、無担保での融資は貸し付け条件がどうしても厳しくなりますし、今まで返済を遅れさせたことがあるような人も、審査では低く評価されてしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ