個人で事業融資を受ける時の審査基準について

基本的に、個人が事業資金を目的として銀行の融資を頼んでも、審査でOKが出にくいようです。事業を始める時には資金がなければ何も始められませんが、手持ちの資金が不足していて事業が始められないという人もいます。銀行は、融資業務を取り扱っていますので、何とかして融資を受けることができれば、個人が仕事を始めたいという時にも対応できます。けれども、銀行は誰にでも融資をするというわけではありません。特に何の実績もない個人が融資を求めても、審査を突破することはないでしょう。すでに成功した実績のある人や、同じ会社の中で新しい事業や施設の新設等による融資の場合には、比較的審査に通りやすくなっています。0からスタートするという人が、銀行から融資を受けたいと言っても、審査の段階で断られてしまうでしょう。銀行融資を必要としている人に対して、銀行が融資を断るのは、どのような理由からでしょう。現時点でどんな仕事をしており、どのくらいの収入を得ているかなどから、銀行は顧客の返済能力を見きわめ、融資額を決めます。銀行が重視しているポイントは、収入が安定しているかどうかです。年収が1,000万でも、月々の収入が不安定なら、返済能力は低いと見なされます。今までの収入が高い人でも、仕事の内容によっては将来的な収入が保証しづらい場合もあります。そうなると、銀行としては融資を躊躇してしまいます。収入があまり多くなくても会社の役員をしている人は審査に通るケースもあり、社会的地位や人物評価も重要な審査項目となっていると考えられます。銀行に個人で融資を受けるためには、収入以外にも、仕事で成功している実績や地位などが重視されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ